※彫り直し(カバー)について


彫り直し(カバー)をする基本は黒色は黒色でしか消えません(カバーできません

黒色が一番強い色となります

 

他の色をいれても、一番強い色である黒が浮き出てきます

 

そこで安易に自分の(お客さんの)好きなデザインを被せてもおかしな彫り直しになります

ですので、お客さんがデザイン、図柄を選ぶ自由度がある程度なくなります

後は彫師にお任せか相談になるわけですが

 

それを考えると元絵の最低でも1,5倍~2、3倍の面積が必要になるわけです

黒の筋彫りだけとか、素人彫り、色が薄い等々の方が彫り直しやすくなります

 

がっつり太く彫ったり、黒色の面積が多かったりしたら

難易度も高くなり

これはどうしても無理ってのもありますので、一度ご相談ください。

 


※彫り直しの手順、一例

素人に彫られたものです

 

梵字もなぜか逆さまですね、今回はお任せなので素人彫りに合わせてうまく元のラインが

隠せるように蛇の下絵を描いてみました。

トレーシングペーパーに描いた絵を

 

元の彫り物に合わせるとピッタリ、元の彫りが隠れますね

 

後は彫るだけです。

 


※彫り直し(カバー)経過写真(クリックで大、左右でスライド)

洋彫りの黒ヒョウとライオンを和彫り、鳳凰に彫り直し

元々彫ってあった梵字3つに 上に梵字、下に蓮を追加

リスカ跡を鯉でカバーします

素人彫りを文字 「南無妙法蓮華経」でカバーします

胸の金魚を ひかえ桜で彫り直し

腕のトライバル を ひかえ五分 鯉と桜に彫り直し

手に彫った素人彫り 3つの点をカバーします(2人)

女性 腰の部分のワンポイント 彫り直し