手鏡製作

昭和の初めの頃は花嫁道具は 木製の三面鏡と手鏡がありました

手鏡などはすっかりプラッスチックス製になり、三面鏡などはすっかりなくなりましたが

木製の物は大事にずっと使い続けたものです

 

形見として 子、孫の時代まで引き継いでもらいたい

あえてレトロな木製で そういう思いをのせて製作してます

完成手鏡は一点物製作ギャラリーにあります

図柄は牡丹です

 

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    霧島温太 (水曜日, 21 12月 2016 16:31)

    良い感じですね!

  • #2

    風天 (金曜日, 23 12月 2016 11:09)

    コメントありがとうございます!
    m(_ _)m

    なかなかいい感じにできました。